産後に抜け毛や白髪が?授乳期間や出産した年齢も関係する?

   

産後に抜け毛や白髪が増えました

出産してから半年くらいしたころからとても抜け毛が目立つようになりました。

もともと剛毛で爆発するような頭でしたのに、出産した半年後には地肌が薄く見えるまでに抜け毛増えました。

その抜け毛が落ち着いたと思ったら、途端に白髪が増えたことに気付きました・・・。トホホ。

 

産後に白髪が増える理由

産後にはホルモンバランスが崩れてしまい、今まで正常に機能していた細胞も正常に機能しなくなります。

そうすると、メラニン色素が髪の毛から抜けてしまい白髪が増えてしまうということです。

特に妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンの影響で髪の毛は瑞々しくなる傾向にあるようですが、産後はそのエストロゲンがなくなることで抜け毛や白髪が目立つわけです。

男性ホルモンが多い男性が髪の毛がさみしくなることはよく言われていることですよね。

 

母乳育児で白髪が増加?

はじめは1本だった白髪が、母乳育児を続けていくとどんどん白髪が増えていきました。

おそらく私の髪の毛には白髪とカウントできる髪の毛が10本以上は鎮座していることになります。

垂れたおっぱい同様、育児の勲章と言われればそれまでですが、やはり女としては受け入れがたいものがありますよね・・・。

 

母乳育児で白髪が増える理由

母乳を与えるということは母体の身を削って赤ちゃんに栄養を与えるということです。

慢性的な栄養失調状態になりますから、髪の毛の栄養が奪われてしまうということもあり得るのです。

 

ホルモンの崩れは授乳期間で違う?出産した年齢も

上の子は20代前半で出産し、1歳まで授乳しました。

この時は抜け毛も白髪も気にならなかったのですし、特段、体の変化というものは感じませんでした。

しかし、下の子を20代後半も後半で出産し、2歳まで授乳したところ白髪はみるみる増えていきました。

前髪に4~5本もあるので、いけないと思っててもついつい抜いてしまいます。

これはおそらく20代前半のころの女性ホルモン(エストロゲン)の分泌よりも20代後半の頃の分泌の方が少ないせいかもしれないと思っています。

 

産後直後の毛染めは注意

産後直後はホルモンバランスが崩れているので肌が敏感になっている可能性があります。

その場合は毛染めの薬液によって肌が荒れてしまう可能性があるため、産後直後の毛染めは気を付けた方が良いです。

私の友達も産後、1年以内に毛染めをしたら地肌がぽろぽろとはがれ落ちてきて、悲惨な状態になったそうです。

 

白髪対策や抜け毛対策の誤った情報

昔では抜け毛や白髪対策には海藻類(わかめや昆布、ひじき)が良いとされていました。

しかし、昨今の研究で海藻類は髪の毛に直接作用しないということがわかってきています。

特に女性の場合は、海藻類の食べ過ぎによるヨードの過剰摂取が気になりますので、ほどほどに食べるようにしましょう。

甲状腺機能亢進症などの病気になる可能性があります。

 

白髪対策にプラセンタ?

卒乳後から肌の調子が悪く、髪の毛もつやがなくなっていたのでわらにもすがる思いでプラセンタを摂取し始めました。

すると、白髪だった毛髪が毛根の方より薄茶色になっているではないですか!

もう黒黒とまではいいません、茶色であれば毛染めをしない範囲になりますので、私には大満足でした。

 

なぜプラセンタが白髪に良い?

もともとプラセンタは動物の胎盤からエキスを抽出しているサプリメントです。

その胎盤の栄養成分を体内に摂り入れることで、髪の毛やお肌に作用するわけです。

胎盤には成長ホルモンを活発にする作用があるようです。

 

まとめ

今回は産後の白髪や抜け毛について私の出来事をお話ししました。

母乳育児をしているとどんなに栄養を摂っても体のあちこちがガタがきます。

上の子の時は、抜け毛はなくて体重が減っていったのに下の子は体重は減らずに抜け毛ばかりが増えていきました。

身を削って母乳で育てる意味ってどこにあるんだろう?と今でも感じてしまいます。

 

 - 授乳中の痛み・病気, 産後の体の変化, 見た目的な変化 , , ,