赤ちゃんの歯が生えない?癒合歯の可能性も?

   

赤ちゃんの歯

赤ちゃんの乳歯が生える時期は育児書などには生後3か月~9か月くらいと書いてあります。

育児をする上で、育児書というのは参考にはなりますが、追い詰められる原因になることもあります・・・。

実際に私の下の子の歯の生え始めなどについてお話しますね。

 

下の子の歯の生えはじめ

下の子の乳歯が生え始めたのは、母子手帳で確認すると10か月の初めには歯が生えてこなくて落ち込んでいて(笑)、なんだか歯ぐきが埋没しています。とコメントがありました。

その後、しばらくするとやっと生えてきたので11か月ごろにやっと生えてきたという具合です。

 

3歳前でも乳歯がそろっていない

下の子は、歯が生えてきたのが遅いせいか、乳児期に生えそろうといわれている奥歯(臼歯)がまだ完全にはそろっていません。

もうすぐ3歳の誕生日ですが、最近やっと第二乳臼歯が4か所、そろうかな・・・といった感じです。

歯の発達は本当に個人差が大きいので、焦らないことが肝心です。

 

歯が生えないから離乳食を食べない?

下の子はあまり離乳食を食べない子でした。

離乳食は生後6か月からはじめていましたが、最初のゴックン期はうまくいきましたが、カミカミ期などはなかなか食べてくれませんでした。

3歳近くになって奥歯も生えてきたおかげかやっとなんでも食べてくれるようになってきて少し安心しています。

 

生え始めが遅いと癒合歯に?

下の子はやっと生えた前歯の乳歯が癒合歯(ゆごうし)でした。

生えはじめで、歯の先端しか見えていなかった時にはなんだかこの子の歯は小さい?欠けてる?と思いましたが、実は左の前歯と左隣の前歯がくっついて生えてきていたのです。

原因はわからないのに、無駄に自分を責めたりしました。

しかし、歯科衛生士さんいわく、30人の1人くらいの割合でやはり存在するようなので、悩んでも解決しない!と前向きに考えるようになりました。

そして歯科医師から聞いた話ですが、歯が生えてくるのが遅い子は癒合歯である可能性が高いそうです。

癒合歯のお話はまた今度、改めて詳しくお話しますね。

 

生えないことで落ち込んだり

二人目ということもあって、上の子の時よりもそれほど育児に対して躍起になってはいませんでしたが、やはり育児書の発達目安というものはママさんを落ち込ませる原因になると思います。

歯が生えてこないことで心配になったり落ち込んだり・・・。なんだかいいことなんてないですよね。

ですから育児書の目安なんてあんまり見ない方が絶対にいいです!

 

歯の生えはじめは兄弟でも個人差がある

何度も歯の生えはじめは個人差があるとお話しました。

実際に上の子は6か月で乳歯が生えてきているので、その前例があったせいで下の子の生え始めが遅くてとても焦りました。

この個人差があるというのは兄弟でも通じることですので、焦らないでくださいね。

 

まとめ

今回は赤ちゃんの歯の生えはじめについてお話しました。

上の子は上の子の悩みがあり、下の子は下の子の悩みがある・・・、育児に正解がないように育児に普通はないと思っています。

この記事を読んだお母さん&お父さんもお子さんが他の子の発達と違うからと悩んだり落ち込んだりしないで大きな気持ちで構えてあげて下さいね。

 

 - 赤ちゃんの話 , ,