母乳相談室の哺乳瓶はどう?直母の訓練用なので飲みにくい

      2016/04/15

母乳相談室の哺乳瓶

上の子を出産した産院では母乳育児を推奨していたため、搾乳後に飲ませる哺乳瓶の乳首はピジョンの母乳相談室という産院専用の哺乳瓶を使用するように言われました。

母乳相談室の哺乳瓶は、同じピジョンの母乳実感とは違い、哺乳瓶を使っても直接母乳(直母)の練習ができるように乳首のゴムが硬くなっており、ミルクや母乳が通る穴も小さくなっています。

これは母乳を飲むときの訓練用に赤ちゃんを鍛えるためにゴムが硬く、穴が小さく飲みにくくなっているためです。

 

母乳相談室はいつまで続けるか?

上の子はずっと、搾乳した母乳を与えていたのですが、直母の練習は2か月ほどで諦めてしまいました。

産後うつがひどくなっていったせいもありますが、もう乳頭混乱を起こしていて、直母の練習を全力で拒まれたからです。

大きく生まれた子だったので、2か月でも激しいギャン泣きは、静止するのがとても困難でした。

そんな状態だったので、母乳相談室では母乳を飲むのにとても時間がかかりました。

ですので、無理して母乳相談室を使用するのはやめて、母乳相談室の哺乳瓶と互換性のあった母乳実感の乳首を使いました。

これだと、哺乳瓶の瓶の部分とキャップ、乳首の周りのプラスティックは使いまわせるのでお得でした。

新生児の間は母乳相談室の乳首を使用して、もしもずっと搾乳で母乳をあげたり粉ミルクに変えるなら母乳実感ならMサイズからの購入でいいと思います。

 

出産前準備でそろえるもの

私が初めて妊娠したときに出産準備として一通りのものは購入しました。

赤ちゃん本舗やイオンの赤ちゃんグッズコーナーなどに出産前に準備しておくと良いものと書かれた冊子がありますよね・・・。

私はまんまとそれに躍らされたわけです。(笑)

今はインターネットが発達している時代ですので、楽天やアマゾンで気軽に買えるし届くのも早いですよね。

ただ新生児期に必要なものはある程度はそろえて置いた方が無難です。(チャイムで赤ちゃんが起きてしまったりせっかくママさんが寝ているところを出なければならないので・・・。)

そこで直母でできるかもしれないけど、一応哺乳瓶を用意しておこうという方には母乳実感の小さいサイズ(160ml)がオススメです。

耐熱ガラスの方が強度は高いので、おさがりとしても使えますが、もしかしたら全く使わないかもしれないので、プラスティック製でも問題ないと思います。

母乳実感の哺乳瓶に、乳首部分を母乳相談室の乳首と入れ替えると母乳相談室としても使えます。

 

母乳相談室を使用した感想

出産した病院の助産師さんから搾乳した母乳を母乳相談室の哺乳瓶であげ続ければ必ず、赤ちゃんはお母さんのおっぱいを吸ってくれるようになる!と力説されました。

確かに他の哺乳瓶よりは飲みにくいので、何度も練習すれば直接母乳(直母)で飲めるようになるかもしれません。

しかし、結局、母乳相談室であげ続けても私の場合は直母ではうまくあげられるようにはなりませんでした。

むしろ、哺乳瓶でしか母乳を飲まなくなってしまった上の子には、私の陥没乳頭が異物のように拒否され、とても悲しくなりました。

 

バカ正直にずっと母乳相談室であげ続けていた私ですが、他の哺乳瓶に比べて飲みにくいという特徴を持っているため、搾乳後の授乳にとても時間がかかりました。

搾乳していたころは寝不足になり授乳している時間を合わせると睡眠時間は1時間取れれば良い方だったため、とても体力的につらくなっていました。

そこで私はいつしか、母乳相談室から母乳実感を使用するようになったわけです。

 

母乳相談室はどこで買える?

上の子を出産した病院で1個セットをお土産としていただきましたが、消毒のことを考えるともう1セットはほしいところでした。

出産準備として、哺乳瓶を購入していましたが、ピジョンでも経口の小さいものでしたので、早速買い直し・・・。

私は赤ちゃん本舗のお店で夫に車で赤ちゃんを見ててもらいながら、退院の帰りに購入しました。

今でしたら、アマゾンでも購入できますし楽天にもありました。

 

まとめ

母乳相談室の哺乳瓶は哺乳瓶自体は耐熱ガラス製で母乳実感と差はほとんどありません。

しかし、母乳相談室の乳首自体が特徴的で、陥没乳頭の方など直母の練習をしている人には向いている哺乳瓶です。

出産した直後は、お母さんも体力が落ちていて大変な時期なので、これであげてながら直母の練習をするというのは大変、辛いことだと思います。

育児は無理をし過ぎると本当にノイローゼになります。

しかし、赤ちゃんや子供は笑顔のお母さんがいいに決まっています。

母乳で育てたからといって特別、体が強いわけではない二人の子ですので、あの頃の頑張りは何だったのか・・・と思ってしまいますが、そんな苦い思い出もいい思い出です・・・。

 - 授乳関係, 育児グッズ , ,