母乳実感と母乳相談室の違いは?同じピジョンでも全然違う

      2015/12/19

母乳実感と母乳相談室の違い

上の子を出産した病院では母乳育児の推奨をしていたため、搾乳後に飲ませる哺乳瓶の乳首はピジョンの母乳相談室を使用するように指導されました。

陥没乳頭で搾乳でしか母乳を与えられなかった私は病院でお土産として、母乳相談室の哺乳瓶と乳首をいただけることになりました。

しかしこの母乳相談室という乳首は、ゴムがとても固くできていて赤ちゃんが力を出さないと母乳を飲むことができません。

それに比べて同じピジョンから出ている母乳実感はシリコン製の柔らかい乳首なので、簡単にミルクor母乳が出てきてしまいます。

同じような名前ですが、母乳相談室と母乳実感ではゴムの固さが全く違って赤ちゃんの飲むスピードが全く違います!

 

母乳相談室を使用した感想

助産師さんから母乳相談室で母乳をあげ続ければ必ず、赤ちゃんはお母さんのおっぱいを吸ってくれるようになる!と力説されました。

しかし、結局、母乳相談室であげ続けても私の場合は直母ではうまくあげられるようにはなりませんでした。

むしろ、哺乳瓶でしか母乳を飲まなくなってしまった上の子には、私の陥没乳頭が異物のように拒否され、とても悲しくなりました。

 

バカ正直にずっと母乳相談室であげ続けていた私ですが、他の哺乳瓶に比べて飲みにくいという特徴を持っているため、搾乳後の授乳にとても時間がかかりました。

搾乳していたころは寝不足になり授乳している時間を合わせると睡眠時間は1時間取れれば良い方だったため、とても体力的につらくなっていました。

そこで私はいつしか、母乳相談室から母乳実感を使用するようになりました。

 

母乳実感を使用した感想

少し話は前後してしまいますが、上の子は私のおっぱいを拒否し、下の子は私のおっぱいしか受け付けないという状態になりました。

下の子が体重が増えていなかったので、何とかして哺乳瓶でミルクを与えようとしましたが、ミルクは吐き戻されたりして、徐々に哺乳瓶の乳首(この時は母乳相談室)を受け付けなくなっていきました。

 

そして、母乳相談室よりも飲みやすいであろう、母乳実感ならば飲んでくれると思って母乳実感であげてみましたが、これもまさかの拒絶・・・、で頻回授乳にするしかありませんでした。

ですので、母乳実感だから絶対に飲みやすくておっぱいを受け付けなくなるというわけではないと気付きました。

 

母乳相談室はどこで売っている?

上の子を出産した病院で1個セットをお土産としていただきましたが、消毒のことを考えるともう1セットはほしいところでした。

出産準備として、哺乳瓶を購入していましたが、ピジョンでも経口の小さいものでしたので、早速買い直し・・・。

私は赤ちゃん本舗で購入しました。

今でしたら、アマゾンでも購入できますし楽天にもありました。

 

母乳実感との互換性

ただ、母乳相談室は母乳実感の哺乳瓶との互換性があるため母乳相談室の乳首さえ購入すれば、母乳実感の哺乳瓶でも搾乳した母乳を与えられました。

そして何より母乳相談室の哺乳瓶は産院用と書かれているだけあってかわいくないです(笑)

今でしたら、母乳実感のディズニー柄の哺乳瓶に付け替えることで使用できて、値段もディズニー柄でもそれほど高くありません。

また母乳相談室の哺乳瓶の容量は160mlまでなのでたくさん飲むようになってくると足りなくなっていきました。(私の経験)

 

まとめ

私の時も助産師さんはいろいろとアドバイスしてくれましたし、今となっては親身になって相談にのってくれていたと思います。

ただ、その助産師さんが私の代わりに母乳を与えてくれるわけではありません。

 

それはこの記事をご覧の方も一緒です。

いくら母乳育児をしたい!と思っても、第三者の意見に惑わされたり、励まされたりしても結局はすべては自分で決定していかなければなりません。

またつらいのはご自身ですし、産後の疲労が抜けていないところで陥没乳頭の痛みと搾乳、授乳のすべてを行うのはとても精神的にも肉体的にもきつかったです。

ぜひ、無理をしないでご自身が楽になる方法を選んで、育児を笑顔で赤ちゃんに接してあげられるといいですね。

 

 - 授乳関係, 育児グッズ , ,