陥没乳頭に乳頭保護器?裂状乳頭には効果がないと実感

      2015/12/05

陥没乳頭に乳頭保護器は?

私が出産した病院では、陥没乳頭の授乳対応策として、乳頭保護器を使用した授乳方法を提案されました。

実際に、ソフトもハードも乳頭保護器を使用して授乳してみましたが、結果は全くうまくいきませんでした。

今回は陥没乳頭の乳頭保護器を用いた授乳方法について実体験を交えてお話ししたいと思います。

 

陥没乳頭で乳頭保護器を使用した授乳

陥没乳頭は名称通り乳頭(乳首)が陥没しているため、赤ちゃんが吸い付ける場所がありません。

ただ私の場合は、仮性陥没乳頭だったので無理やり引っ張りだせば乳頭らしいものは存在していました。

そこで、陥没乳頭の方には乳頭保護器を使用した授乳方法が指導され、無理やり乳頭を引っ張り出した乳頭に乳頭保護器を装着してそのまま授乳させていました。

 

私が乳頭保護器で失敗した理由

私の乳頭は、陥没乳頭の他、裂状乳頭といって乳頭が割れているような状態でした。

溝ができているといえばわかりやすいかもしれません。

一般的に乳頭保護器を使用して授乳する場合は、乳頭保護器にたまった母乳を飲んでもらうことを想定しています。

 

しかし、私のような裂状乳頭の場合は、その溝からどんどん母乳があふれてしまって、乳頭保護器の外に母乳が流れ出てしまっていました。

赤ちゃんに吸われている感覚はありましたが、実際には母乳は外に流れていて、赤ちゃんは母乳をしっかりと飲んでいなかったわけです。

また実際に、吸われたような感覚になるのは最初の10回程度で、何度やってもうまくいかないし、時間ばかりがかかってしまったので、乳頭保護器を使って授乳するのはやめました。

 

乳頭保護器とは?

そもそも乳頭保護器は、乳頭部分に傷ができた際にその傷が赤ちゃんに触れないようにするため、授乳時に使用するものです。(読んで名のごとくですね。)

陥没乳頭の授乳に使うというのは少々、使用方法が異なりますがそれでも中にはうまくいった人がいるのでしょう。

私の場合は、陥没乳頭の他にも裂状乳頭というおっぱいの状態だったため、失敗してしまいましたが、どうしてもチャレンジしてみたい!という人はチャレンジしてみてもよいかもしれませんね。

 

乳頭保護器はソフト?

もしも私のような裂状乳頭ではない陥没乳頭さんの授乳では、ソフトの乳頭保護器をお勧めします。

ハードも使用したことがありますが、全く赤ちゃんが吸い付けず無駄な出費になってしまいました。

ハードだと乳頭が先まで出ていない&母乳分泌がうまくいかなかった経験があります。

ソフトだとある程度、乳輪あたりまでならカバーされているので、赤ちゃんに吸ってもらえば母乳分泌が行われると思います。

 

まとめ

今回は乳頭保護器を使用しての感想を交えてお話ししました。

最初の病院で、陥没乳頭だけど乳頭保護器を使用すれば授乳できるかもね?と言われて、もう何個、乳頭保護器を購入したかわかりません。

でも私のようにうまくいかない事例だってたくさんあるはずです。

病院での指導だけを鵜呑みにせずに試行錯誤して授乳にチャレンジしてみたいですね!

 

 - 授乳関係, 育児グッズ, 陥没乳頭の失敗談 , , ,